乾燥ニキビ

普段私達が思うニキビ肌って、大体混合肌や脂質性肌が多いのですが…

実は、乾燥肌でもニキビができやすくなる時があります!

実際私も乾燥肌で、この時期になるとカサカサが気になるのですが、たまにニキビが繰り返しできちゃうこともあります(;´Д`)

でも、どうして乾燥肌なのに、ニキビが繰り返しできちゃうんでしょうか~

その理由と対策法について調べてみたので、紹介したいと思います。

乾燥肌ニキビの、原因!

原因

まず、通常のニキビの原因について紹介します~

通常ニキビの場合~

通常ニキビの原因の多くは、毛穴に皮脂が溜まり・それが多くなると、だんだん毛穴が詰まることによってできます。

特に季節の変わり目などは、肌の乾燥を防ぐため・体が自然と肌を守るために皮脂を分泌するのですが、これが多く分泌されるとその余分な皮脂は、毛穴に詰まりやすくなり・ニキビを作るのです…

乾燥肌の場合~

乾燥肌の場合は、肌本来の油分・皮脂が少ないのです!

通常はこの皮脂が、肌の表面に薄い膜を作ることで、肌のバリア機能を高めてくれますが…

乾燥肌はこの皮脂が少ないため、皮脂膜が作れなくなります。

皮脂膜もない状態の肌だと、通常の肌よりも角質層の水分の蒸発が速く・カサカサ状態になります…

潤いがなく・カサカサ状態の肌は、水分がなくなると角質がどんどん硬くなってしまいます。

この硬くなった角質が、時間と共に古くなり・だんだん毛穴をも硬く・細くしてしまい、少量の皮脂や角質でも毛穴に詰まりやすくなるのです。

結果、通常ニキビと同じく、毛穴に皮脂が詰まることでニキビができちゃうんです!

しかも、一度硬く・細くなった毛穴は、相当な潤いを与えない限り・なかなか元には戻れないので、一時的にニキビが治っても毛穴の奥がほぐれてないと、またすぐにニキビが繰り返されるのです(・。・;

つまり、夏よりも秋・冬に乾燥ニキビが繰り返されるのは、秋・冬の方がもっと肌が乾燥し・皮脂がなくなるからです。

乾燥肌ニキビの、対策法!

美肌

乾燥肌ニキビをなくすためには、まず乾燥肌を改善することが大事です!

先ほど紹介したように、乾燥肌は皮脂と水分が足りない
しかも、表面だけでなく・原因は皮膚の奥!

皮膚の奥から潤いをしっかり与え・皮脂を増やしていくことで、徐々に乾燥肌を改善し・繰り返しニキビを根本から改善することができます(´▽`)

皮脂膜を作ろう!

水分をたっぷり補給し・潤いを与えるためには、保湿成分が大事です!

ですが、普通の保湿成分だと、水分だけが多い場合が多く、油分が足りなくなりがちです…

乾燥肌には、水分・油分のバランスの良い保湿成分が必要なのです!

水分・油分のバランスの良い保湿で、皮膚の角質層に潤いを与え・皮脂作りにもしっかり働きかけることで、皮膚のバリア機能を正常に戻せるのです。

しかし、一つだけ気を付けて欲しいことは、乾燥肌だからといって、油分の多い化粧水やクリームを何回も塗り続けるのは逆効果になるので、繰り返しつけるのは避けましょう!

確かに、化粧水やクリームの栄養分も大事ですが、乾燥肌の場合は必ず油分と水分のバランスのよい物を選ぶことをおススメします(*‘∀‘)

しかも、乾燥肌は皮膚の奥のトラブルとも言えるので、短期間では改善しにくい場合が多いです…
ゆっくり・じっくり保湿ケアを続け、乾燥肌・ニキビを改善していきましょう!