美肌を目指すなら、女性ホルモンを知ろう!

ニキビ
女性ホルモンが、
ニキビと大きく関わりを持っているって知ってますか?

 

ただ、女性ホルモンが原因でニキビ肌になると言っても、難しいですよね~

では、女性ホルモンとは何か?その働きについて、紹介していきたいと思いますので、ぜひ参考にして下さいね。

 

女性ホルモンとは?

女性の卵巣から分泌される、
雌性(しせい)ホルモンのことを言います。

 

女性ホルモンには、
卵胞ホルモンと、黄体ホルモンの2種類があります。
ホルモン

卵胞ホルモン

卵胞で作られる、エストロゲンと呼ばれ、
女性らしい体作りに、大きく影響を与えるホルモンです。

 

一般的に女性ホルモンと言う時には、
エストロゲン(卵胞ホルモン)を指すことが多いそうです。

 

●主な働き:
・子宮内膜を増殖
・頸管粘液量を増やす
・グリコーゲンを増やして精子の頸管侵入を促す
・2次性徴を発達させる
・美肌作り
・シワ・たるみ予防

 

黄体ホルモン

プロゲステロンと呼ばれ、
黄体や胎盤から分泌される、雌性ホルモンの一種です。

 

●主な働き:
・発情ホルモンと共に作用
・受胎可能な子宮壁を作る
・発情をコントロール
・妊娠を継続させる
・皮脂の分泌を促進させ、肌の状態を悪くする

 

女性ホルモンの、メカニズム

女性ホルモンの、
エストロゲンと・プロゲステロンは、生理の周期でその量を調節ます。

 

例えば:
●生理終了~排卵日までは、
エストロゲンが多く分泌され、プロゲステロンの量は少なくなることで、免疫力向上・体が元気・肌の調子が良くなります。

 

●排卵日~生理までは、
プロゲステロンが多く分泌され、エストロゲンの量が少なくなることで、
免疫力が下がり・体全体の調子が悪くなり・精神的にも不安定・肌荒れやニキビなどを作ることがあります。

 

エストロゲンと・プロゲステロンの
ホルモンバランスの変化が、毎月繰り返されます。

 

女性ホルモンバランスの崩れで、現れる症状

崩れ

肌荒れ、ニキビ、生理不順、抜け毛、頭痛、
自律神経失調症(精神不安定)、PMS、更年期障害…

 

などなど、様々な症状が現れ、体全体に大きな影響をもたらします!

 

女性ホルモンと、ニキビの関係

女性ホルモンの中のエストロゲンは、
別名『美肌ホルモン』とも呼ばれ、肌の調子を良くしてくれます。

 

皮脂の分泌を抑え・肌の保湿を保つことで、ニキビをできにくくするんです!

 

しかし、
プロゲステロンが増え、両方のホルモンバランスが崩れると、ニキビが発生しやすくなります。

 

つまり、プロゲステロンの
皮脂の分泌を多くする働きで、肌が持っているバリア機能を壊すことで、肌荒れやニキビを作るのです。

 

ではエストロゲンをたくさん増やせば、良いのでは?

増やす

美肌ホルモンと呼ばれるエストロゲンは、
肌にはとても良い効果をもたらしますが…

実は、過剰に分泌し過ぎると
乳がんや・子宮筋腫・子宮内膜症などを起こします!

 

しかも、皮脂の分泌を抑え過ぎると
肌の油分が足りなくなり、乾燥肌になる可能性が高くなります!

 

まとめ・・・

2種類のホルモン量が、増えたり・減ったりするのは、
生理周期による生理現象なので、無理にどちらかを増やしたり・減らしたりすると、返って悪い影響を及ぼすことが分かりました。

 

よって、
ニキビ予防のためには、ホルモンバランスを整えるほか、
特にプロゲステロンが分泌される周期には、保湿成分の多い化粧水や・ニキビ予防専用の化粧水などを使い、肌の保湿を保つようにしましょう!